横浜のお米

横浜の新米を食べるなら、JAの直売所か農家さんの直売所で

横浜でもお米つくりをしている農家さんがいらっしゃいます。写真は、取材を続けてきた横浜丸大農園さんの田んぼの様子です。
田んぼの様子は、こちらから動画や写真で見ることができます。

移り変わる田んぼの様子

P1030235

5月終わりの頃の、田植えを待つ苗の状態です。

P1030393

6月入ってすぐ、田植え直後の田んぼの様子。

P1030580

6月中旬頃の田んぼ。

P1030809

8月に入って、穂が出て、花が咲きました。

P1030839

8月の終わり、色が変わる直前の稲の様子。

9月中旬、稲刈りの1週間くらい前です。色も変わり、頭もたれています。この後、稲刈りがあって、脱穀、精米などを経て直売所に「お米」として直売所に並びました。横浜で作られるお米の多くは給食になるそうです。残りのお米は農家さん自身の直売所で販売されるか、JAが運営する直売所に並びます。

さて、横浜の新米はどんな味がするでしょうか。楽しみです。

こちらの記事もおすすめです

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP