インターネットの力で、食・農業の「売れるしくみ」をつくる

企画から制作、運営までをサポートします

食や農業関連をテーマにした販促活動をサポートします。インターネットをベースとした「売れるしくみ」のための戦略・プランニングから、成果を実現するためのホームページやアプリの制作を行います。

広告宣伝10年、Web制作20年のクリエイティブ経験。農作業をお手伝いしながら「農業」の現場での体験。この2つ経験を活かして、食や農業の現場にインターネットを活用していくお手伝いをします。

ホームページやアプリなどのツールは、制作する前の綿密な計画と運営での柔軟な対応が必要です。どちらが欠けても成果の出るプロジェクトにはなりません。弊社では最低1年間の運営サポートを基本としてお手伝いさせていただきます。

堀尾 保(ほりお たもつ)
Webプロデューサー、ときどきアシスタントファーマー。
1967年生まれ 株式会社堀尾タモツ事務所 代表取締役

グラフィックデザイナーとして10年間、広告デザイン、CI/VIデザインなどに携わる。1995年から12年間、Webディレクター、プロデューサーとして複数のweb制作会社にて活動。数々のWebサイトプロジェクトに携わる。中でもホテル、レストラン、宝飾品などブランディングを重要視する業種のプロジェクトを多数手掛ける。インターネットにおけるブランディング手法、実践方法などのノウハウを構築、経験値を積む。

2007年にWebプロデューサーとして独立、株式会社堀尾タモツ事務所を設立。従来のWebサイト制作に加え、SNSを活用したマーケティングにも取り組む。
本業の傍ら、2013年から農業ボランティア団体に所属、農業支援活動から農業との関わりがスタート。ボランテア以外にも農家さんでアルバイトをし、農作業の実体験を積む。これらの経験を活かして、横浜の直売所を探せるアプリ、横浜市内農家、農作物を紹介するWebサイト、畑の野菜の写真集サイトなどを構築・運営を開始する。

食や農業をテーマに人と人とをつなぎ、地域を賑やかにする仕組み・場作りに奔走する日々。

PAGE TOP